記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小金持ちの定義って何でしょうか?
私は…完全にその人の容量(キャパシティ)次第だと思います。

人によって金銭感覚と満足する水準は違います。

  • 今の会社員生活に、月5万円のプラス収入が入るだけで満足の人もいれば
  • 月収50万円ほしい人
  • 月収100万円はないとプライドが許さない人
  • 弁護士など高給取りの人なんかは、小金持ちを総資産1億円と考える人もいるでしょう。

上には上がいる。
こうやって見ると、見栄を張って、高い金額を設定したところで、許容オーバーの自分に苦しむのが、ばかばかしくなってくるでしょう。

ビジネスを興してそれを人に話すと、よく、アドバイスがてら「もっと大きくすべきだよ!」とか「何でもっとこうしないの?」などと言われます。
それはその人の水準でものを言っているから。
そのビジネスがその人の水準だけ稼いでいないから文句をつける。

で、あなたはどうなの?

そんな時、あなたがすべきは「自分はどの金額で満足するのか?」だけを心に問うてみること。

あなたの人生とビジネスだから、人の好みに合わせる必要はない。

小金持ちになりたい人はまず、自分自身の満足水準を本当の意味で理解すること
その時、自分の心にウソをつかない。

「年収5000万稼ぎてぇ」とデカ口たたいている人も、実際は月50万円で心の底では満足している自分に、気づいていない場合もあったりするからだ。

一度あなた自身としっかり向き合ってみよう。

それでも妥協したくないなら、大きく出れば良し!意外と身近な幸せで安く済むことに気づいてしまったなら、それもおめでとう!ということで、アットホームな金額にまとめれば良し!

器の小さい自分に気づいても心配いらないです。望めば大きくなるから
今は小さくて悔しくても、その気持ちが必ずあなたを大きくする。

または、私みたいに小さいままでも気楽に満足している自分に気づいたなら、どうぞそれを許して受け入れてあげて下さい。
それが「自分を大切にする」ということ。

余計なプライドや仕事量や負の感情を背負わないから「気が楽」になる。
気楽になることを選べば幸せになる。それは、すぐそこにある幸せに気づく余裕ができるから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る